日本料理 銭屋 @ 石川県 金沢

金沢 食の旅、2日目の夕食は日本料理 銭屋さん。

ふぐの皮や身をかわはぎの肝で和えたもの (実は天然ふぐの漁獲量は石川県が全国1位なんだとか)

 

ふぐの白子 すっぽんのお出汁で
ずわい蟹の足の身
うなぎの蒲焼き トリュフ添え
あわびの煮物、鮨(まぐろ、ボタンえび)、菜の花、からすみ、くわいチップス
img_20190210_194741.jpg
のどぐろの木の芽焼き 下にはホワイトセロリのペースト
ずわい蟹の身と味噌 酢飯とリゾット風に
ピントが… 能登牛とセリの治部煮
牡蠣の炊き込みご飯
海苔、紅ショウガ、三つ葉を乗せて
銭屋さんで作っているイチゴだとか
デカい!
干し柿とマスカルポーネチーズ

いやー、最強の食材でブン殴ってくる感じが最高でした。中でも、ずわい蟹の足の身、のどぐろの木の芽焼きはヤバかったですね。

天ぷら 小泉 @ 石川県 金沢

金沢 食の旅、2日目の昼食は天ぷら 小泉さん。

詫び寂び
ちらつく雪がいいね
石川県 竹葉
ばい貝、福井の勝山水菜の酢味噌和え
平目
手前は煎り酒ではなく平目が取れた海域の海水、平目の味がしっかり出て非常に美味しく感じる
海苔の天ぷら 白海老とキャビア、生うにを乗せて 最強に美味かった
海老2本、1本は海老味噌付きで濃厚だった
ふきのとう
白海老
富山県 勝駒
地物野菜(らっきょう、スナップえんどう、ミニトマト)の甘酢漬け

 

IMG_20190210_124436.jpg
のとてまり
牡蠣
つぼみ菜 (高菜の新芽)
わかさぎ
海老の頭
ねぎ (下仁田と同じ品種とおっしゃっていたので金沢一本太ねぎとは違うのかな?)
穴子
追加でお願いした空豆、ほたて
おしんこ
天ばら 食事は天丼、天茶、天ばら
揚げ生麩のぜんざい お餅みたいにもっちり

隣の常連さんとの会話がいい味していて、僕も通って常連になりたいなと思った。東京からだから滅多に来れないんだけども…笑。

一緒になった団体さんがマナーがあまり宜しくなかったのだけど(全席カウンター席なので気になる…)、ご主人が軽く交わされていたおかげでゆっくり楽しめました。

雪の兼六園 @ 石川県 金沢

兼六園の麓にある石川県観光物産館で太鼓の実演
桂坂口となっている通り、いくつか入口があるのです
雪、雪、雪
日本武尊像
この眺めが好き、10分くらいここでぼーっとしてた
龍石

 

「雪が降る中、兼六園に行ってきた」と言うと皆さんに羨ましがられるのですが、そもそも晴れた状態の兼六園を見ていないので、感動も何もないというか真っ白だし砂利道だし寒いし辛かった印象しかない…(笑)。

桜の時期、夏、紅葉の時期を見てから振り返って写真を見るといいものなのかもね、また来よう。

市場めし あまつぼ @ 石川県 金沢

朝食はホテルのビュッフェでいいかなーと思っていたら、ホテルのスタッフに聞いたところ、近江町市場のいくつかのお店でも朝から食事が出来るとのことで、フラフラ…。

海鮮丼を食うぞ!という強いお気持ちでホテルを出発したのだが、満席で入れないお店も多い中、「金沢おでん」というキーワードを見て「そういうのもあるのか!」と思わず並んでしまったのがこちら。

朝の9時前なのに大行列
金沢おでん (ばい貝、車麩、大根、たこ、赤巻)
プチ海鮮丼 (サーモン、さば、のどぐろ、まぐろ、いか、ぶり、たこ、いくら、かに、甘海老)
朝食から豪勢

金沢おでんは薄味で、たこ、ばい貝などから出た魚介ベースのお出汁が利いていて非常に美味しいものだった。こちらのお店は昼から飲めるらしいので、おでんをつまみながらダラダラやりたいなあと後ろ髪を引かれながら移動したのでした。

鮨 八や @ 石川県 金沢

金沢 食の旅、1日目の夕食は鮨 八やさん。

のどぐろの出汁
のどぐろ 皮目を炙って
お刺身: 真ん中が蕪の甘酢漬け、奥から右回りに鯖、ばい貝、鯛、赤西貝、鯵、いか、石鯛、甘海老
鰯の手巻き ネギ、ごま、ガリと合わせて
鰤 炙って野菜とポン酢と一緒に
鱈の白子 酢飯でリゾット風に
河豚の柚子幽庵焼き 菜の花と
img_20190209_190330.jpg
雲丹の握り
生牡蠣 脱水シートで水分を抜いてポン酢で
能登輪島の鮪
小肌
がすえび、卵
穴子
玉子焼き、左が出汁巻き、右が甘海老のすり身入り

いやー、美味しかった。金沢名物のがすえびも食べれて大満足。

3月頭にはホタルイカ、3月末には加能ガニ(ズワイガニのオス)、4月には白海老の解禁が迫っているとのことで、これからの北陸は本当に海鮮が美味しい季節ですね。

レスピラシオン @ 石川県 金沢

朝の8時半発のかがやきグランクラスで飲みながら終点の金沢まで。
なぜか品川発と勘違いしていて、タクシーでギリギリ八重洲口に滑り込みました。あの時の運転手のおじさん、ありがとう…。

img_20190209_115223.jpg
気を取り直して金沢 食の旅 1日目の昼食はレシピラシオン様
古民家を改装したオシャレな店舗
メニュー
綺麗なロゼ
スペイン セラーエスペルトのロゼ
再構築: 甘海老の海老味噌を使ったシート、甘海老の身、尻尾を焼いて粉末にしてタルトにしたもの
凹凸(texture): 寒鰤を源助大根で包んで、柚子カプセル、テティージャソース、ロメスコソース、柚子果汁のパウダー(液体窒素で固めたもの)を掛けて

 

コラーゲン分解: 低温調理した能登牛サーロインでアロス・ネグロ(イカ墨パエリア)を巻いて、ウニ、キャビア
季節を混ぜる: 金沢野菜(はこべ、あやめ雪かぶ、加賀蓮根、五郎島金時)、砂肝に能登115(のとてまり)の出汁を吸わせたものを温泉卵で和えて、泡は生ハムの骨から取ったお出汁
スペイン ゴルカ・イザギーレの白
乳化: 鱈のピルピル、能登115(のとてまり)、トリュフ削りたて
Garden: 農口研究所の日本酒の泡、アロス・コン・レチェ(米と牛乳のデザート)、能登ミルクのアイス
ガーン、ピントがズレてる… 農口尚彦研究所のPREMIUM NOUVEAUだったと思う
温度焦点(Focus)
さわらを1.5時間ほど低温調理したもの、皮目はパリッと焼きあげて香ばしさと強めの塩
菜の花、ブラックオリーブのパウダー、白いソースは蕪ソース
土の香り: イベリコ豚のプルマ(背中)、くわい、加賀味噌のパウダー
イベリコ豚の肩ロース、右手前がチョコ・みそ・赤ワインを使ったソース、左手奥が柿の発酵ソース、右奥が里芋だったかな…
スペインのパゴ・ラ・ハラ
伝統と革新: 毛蟹のリゾット
この素晴らしい色の器は山中漆器かなあ?
無秩序(Chaos): シナモンと芋のアイス、フランボワーズパウダー
お茶菓子
エスプレッソ

いやー、素晴らしいお店だった。

予約でちょっと手違いがあって出鼻を挫かれるところだったのだけど、上手く対応してもらえてホスピタリティ溢れる良いお店だな、と思いました。