鮨 すが弥 @ 東京都 赤羽橋

転職して半年が経過したため、記念に鮨を食うなど。

予約する直前まで、懐石にするか鮨にするか悩んだが、ディナーで枠が取れるというのが決め手であった (もう1つ、行きたかった懐石のお店はランチしか枠がなかった)。

親方は鮨あらいさんから独立されたらしい
明石産 平目
天然の生ほたて 手で割いて
北海道産 山わさび、白ネギ、鰹節を和えたもの。この後に出てくる初鰹の薬味に。もしくは酒の肴に。
初鰹
金目鯛の炙り
あん肝の煮付け。甘い感じに煮てあり、酒に合う。
ガリ
春子鯛の昆布締め
アオリイカ
赤身の漬け
鮪の背中 (中とろ)
大とろ (10日間熟成: おそらく腹かみ)
小肌
小柱
車海老
鯵〆
桜鱒 藁で燻したもの
img_20190330_210025.jpg
うに 写真だと分からないが二種盛りになっている
煮蛤
自家製べったら漬け
鮪が…
こうして…
こうじゃ!

3か月先まで予約が埋まっているようで、その場で次の予約をしている方々は1名予約でも最短で7月の日程を提示されていた。まあ、それだけの価値はある仕事だった。

なお、どうやって来店したかというとポケットコンシェルジュで当日滑り込みである。圧倒的勝ち組。