美味旬旅

食べたり呑んだり旅したり

グルメ 中目黒 和食 寿司 東京都 目黒区

宇田津 鮨 @ 中目黒

新型コロナウィルスの影響で、週に1度(大げさではなく)、ゴミ出し・日用品や食材の買い出しのついでに、近所のお店でテイクアウトするのが唯一の楽しみ。両手一杯の買い物袋を抱えて外食するわけにもなあ…。数少ない趣味が「外食、スーパー銭湯、旅行」なんだけど、どれも外出を伴うもので、自粛を余儀なくされており、完全にメンタルアウト気味であった。

緊急事態宣言も延長して長期戦の様相を呈してきたので、外出は週に1度だけという自分ルールを緩和して、買い出し以外にも「週1で外食してよし」ということにした。まあ用もないのに遠出するわけにもいかないので、近所がメインになるんだろうけども。

自粛緩和の第1弾ぐらいはよかろうということで、中目黒の宇田津 鮨さんにやってきました。

印象に残ったのは、やはりスペシャリテの鰯の巻物。鰯の酢〆は脂が乗っているだけでなく酢も抑えめ。ハーブやエディブルフラワーを使用しているので、鰯の旨味と鼻を抜ける香りが印象深い。他のお店で小肌や鯖の酢〆とガリを使って同じようなものを出す店はあるんだけど、酢〆が握りに照準を合わせているので見た目は華やかでも味は期待したものとはほど遠いんだよね。こちらで食べたものが一番美味しいと思う。

あとは、むらさきうに、ばふんうに、海苔の天ぷらを合わせたもの。ダブル雲丹に海苔の天ぷらを合わせるのは、金沢の天ぷら 小泉さんで初体験したんだけど、ここで再会できるとは。ああ、小泉に天ぷら食うためだけに金沢に行きたい。旅行に行きたい。行けないんですけども。

そして味噌汁ですよ。しじみというと島根県の宍道湖(しんじこ)が有名で、あちらは大粒かつ旨味の暴力でガツンと殴ってくる感じなんだけど、神西湖(じんざいこ)のものはさらに大粒でしっかりお出汁が出るんだけど滋味を感じるというか白味噌に凄く合う。逆に赤味噌には宍道湖って感じがする。

いや、本当に2ヶ月ぶりに人間らしい時間を取り戻したな、というお気持ち。現場からは以上です。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です